陳列棚にコマーシャル映像|映像制作のお仕事を紹介!さまざまな「映像」をお任せできる

陳列棚にコマーシャル映像

男性の指先

映像制作業者が手がけたコマーシャル映像を見ることができる場所、といえば多くの人がテレビを想像することでしょう。
「CM」というのはそもそもコマーシャル・メッセージ(Commercial Message)の略称です。しかし、コマーシャル映像、つまりある商品を宣伝する映像はテレビの中だけで見ることができるものではありません。つまり、映像制作業者の仕事はテレビの中だけでなく(そして街頭スクリーンだけでもなく)、別の場所でも、目にすることができるのです。
たとえば実際に商品を売っているスーパーマーケットやデパートなどの陳列棚で。

気づいている人も多いでしょう。たとえば数多くのひげそりクリームが並んでいるスーパーマーケットの一角。ひとつのひげそりクリームが設置してある横にモニターがあって、そこでひげそりクリームのコマーシャル映像が流れているのです。ほかのクリームに比べ、モニターで映像が流れているほうのクリームのほうが何だかよさげに見える……そしてひげそりクリームを選ぶときは、ついついそっちを選んでしまう、ということもあるでしょう。
というわけで、この映像制作業者の仕事には大きな意味があるのです。
むしろお茶の間で流れるテレビCMよりも、商品の横にデン!と置かれたモニターで流されるコマーシャル映像のほうがよりチカラがある、とさえ言えるかもしれません。それだけのチカラを、持っているのです。